NoProduct nameSpecificationPDF Data DownLoad
  • 充電電圧   3kV
  • 出力電圧   12kV
  • 出力電流   1A
  • パルス幅   5μs
  • 繰り返し    50Hz
  • 立上り時間  30ns
超高繰り返し高電圧パルス電源no images

超高繰り返し高電圧パルス電源

この高電圧パルス電源ではMOS-FETの中でも取分け高電圧、大電流、高速の素子を使用することにより、2MHzという極めて高い周波数で且つ±6kVという非常に高い電圧パルスを発生します。又、360kWと非常に高いピーク出力を発生できます。 もっと読む

本装置は半導体スイッチであるMOS-FETを多数使用することにより、下記の高電圧パルスを安定に発生します。

  • 出力電圧 ±6kVp
  • 出力電流 ±60Ap
  • パルス波形 正弦波状
  • 繰り返し 2MHz
高品質ストリーマ放電発生 SOS 電源

高品質ストリーマ放電発生 SOS 電源

60kVp パルス幅100nsの極短パルス出力電源です。高電圧の極短パルスをバースト出力させることにより、高品質で安定したストリーマ放電が得られます。SOS(Semiconductor Opening Switch)ダイオードを採用、ピーク電圧60kV、パルス幅100nsの極短パルスを発生させることができます。 もっと読む
  • 出力電圧:60kV
  • 出力電流:60Ap
  • パルス幅:80ns
  • 立上り時間:25ns
  • バースト周波数:50kHz
  • バーストパルス:50ショット/バースト
  • バースト繰返し:20Hz
 
  • 高速2線同期通信 12bit
  • サンプリング周波数 3.57MHz
  • 出力電圧精度 0.45%MAX
  • 出力電圧 -4kVp
  • 出力電流 500Ap
  • パルス幅 4.0μs
  • 繰り返し1kHz

本装置は並列運転により、更に高出力化が可能です。

  • 出力電圧 ±500V
  • 出力電流 ±400A
  • 周波数 3MHz
  • 最大デューティー 5%
  • 出力電圧 ±6kVp
  • 出力電流 ±60Ap
  • 周波数 2MHz
  • 最大デューティー 5%
  • 最大パルス幅 100μs
スマートパルスパワー電源

スマートパルスパワー電源

プ ラ ズ マ の長期安 定 生 成 に最 適 !応用は無限大! エンジンの燃焼アシスト/ 自動車などの排ガス中のNox,Soxの高速分解/高密度のプラズマを用いた工場排水の浄化(悪性物質の無害化)/ガスレーザー用プラズマ生成の最適化など。 もっと読む
  • 出力電圧:30kVp~100kVp
  • 出力電流:330Ap~3kAp
  • パルス幅:50ns~200ns
  • 立上り:時間20ns~
  • 繰返し:1kHz~10kHz
  • 充電電圧 18kV
  • 出力電流 200Ap、正弦半波
  • パルス幅 140ns
  • 繰り返し 25Hz
  • 出力電圧(放電開始用) -20kVp
  • 出力電圧(放電持続用) -1kV
  • 出力電流 1Ap
  • パルス幅(放電開始用) 100ns
  • パルス幅(放電持続用) 10μs~1ms
  • 繰り返し 100Hz~10kHz(duty<10%)
  • 引込用パルス電圧 -3kV,10mA,出力電圧可変
  • 押出用パルス電圧 300V,10mA, 出力電圧可変
  • 出力立ち上がり時間 ≦100nsec
  • 出力パルス幅 100?200μsec (固定)
  • 最大繰返周波数 1kHz
  • 負荷容量 ≦300pF

技術相談・お問い合わせ

パルスパワーの発生と制御に関する実験品試作、技術支援、共同研究等お気軽にご相談ください。

技術支援・共同研究についてのご案内技術支援・共同研究についてのご案内

技術支援のご案内

弊社では、パルスパワーの発生と制御に関するあらゆる技術支援を行っております。
研究計画の各段階に応じた下記の技術サービスを提供しております。

  1. 電源システムの概念設計
  2. 高電圧電源の基本設計
  3. 高電圧電源の詳細設計
  4. 高電圧電源の実験品試作、評価試験
  5. 負荷との構造的な組み合わせに最適な小型化設計
  6. 不具合調査、対策(誤動作、ノイズ、故障等)
  7. 性能改善
  8. 実験、データ測定
  9. 解析、シミュレーション(回路計算、強度計算、電磁界計算、熱伝導計算等)
  10. その他

共同研究のご案内

弊社では、パルスパワーの発生と制御に関する共同研究に対応いたします。
研究計画の各段階に応じた下記の共同研究に対応いたします。

  1. 電源システムの開発
  2. 負荷に適合した最適構造設計
  3. 性能改善
  4. 学生の指導(電気回路、電子回路、電磁気、CAD、回路シミュレーション、
    電気・電子・高圧に関する実験等)
  5. 非常勤講師(修論、卒論・卒研の指導)
  6. その他

パルスパワーへのお問い合わせTEL:077-598-1470メールでのお問合せはこちら

・メールでのお問合せは24時間受けつけております。受付時間外にいただいたお問合せにつきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。